blog

電気を買わない家(太陽光・蓄電池)

蓄電池が進化した!太陽光をもう一度見直すべきかな?

河野です^^

2日前くらいに蓄電池の情報を入手しました。
蓄電池とは、簡単に言うと「電気を貯める機械」です。

今までの蓄電池の悪いところは、「貯めた電力で、お湯を沸かせなかったり、IHで使用出来なかったり、エアコンが使えない」というものでした。200Vコンセントが使用できなかったんですね。

ただ、今回の蓄電池は200Vにも対応。しかも、停電時に家全体の電気回路をバックアップしてくれるものでした。
業界用語でいうと「全負荷型」というタイプになります。
電化住宅には、とても向いている商品になったようです。

そういった進化した蓄電池+太陽光パネル発電ならば、将来的に発電した電気を電力会社が買い取らなくても、自宅で有効活用できる道があるのかもしれません。
メーカー試算(最近はあまりあてにならない単語)では電気を自宅で93%ほどカバーできるので、
ほとんど電気を買わなくても良い生活が出来るとか。。。。

試算数値は甘めなのでカバー率には疑問的ですが、それでも電気を買わなくて良い生活というのは、憧れがあります。

しかし、最初の工事費にいくら掛るのか?という所が最大の疑問点なので、今モデルプランを作成中です。
ウチのモデル(建物)プランで実際の生活をイメージした光熱費で試算すると、より正確だと思うからです。

メーカー試算ではなく、ピースホーム試算で、より香川の生活に即したカバー率を検討してみたいと思います。
良い数字が出たら、お客さんに勧めようかな。

そんなこんなで、蓄電池も進化してきたよ!ってお話でした。

今すぐ蓄電池を買おうとしている方!!しっかり検討しましょうね!

ではまた。


無垢材って何だ?

どれも同じ効果があるわけじゃない。

木は無垢材(むくざい)と言われます。
『この床は無垢(むく)ですか?』と聞かれたら、僕も『無垢ですよ』と、よく答えます。

これは、ヒノキでも杉の木でも、アカシアや、チークでも同じです。
全て、無垢になります。

でも、木は沢山の種類があります。
色も違えば、木目も違う。
まるで、色んな世界の人達みたいに、容姿も違えば、性格も違います。

果たして、全てが内装材に適していると思いますか?
僕は実体験をふまえて、そうは思えません。

内装材には内装に向いている木があります。
家は、僕たち人が住む場所です。
人に優しい木であるかどうかを見分けましょう(^^)


湿気の行き先

結露はイヤだ!!

家づくりをするにあたって、現在の住まいの悩みを聞くと、大概最初に出てくるのが結露がイヤって話。

一般に結露を防ごうとすると、窓ガラスを二重とか三重にして、窓ガラス表面温度を下げにくくしたり、樹脂枠に変えて窓枠の温度低下を防止したりします。

でも実は、これらの対策は【結露が見えない】だけで、室内の湿気量は【変わりません】。
窓に現れない湿気は、果たしてどこに行くと思いますか?
***

「湿気は室内に変わらずに有る」という事は、湿気対策は出来てない事になります。

結露が見えなくなった。という結論だけ見れば、とても嬉しい事ですが。
実は、それだけで安心は出来ません。

では、室内の湿気対策どうすれば良いの?

その答えが内装材による調湿です。

ピースホームでは、そういった考えから内装材にこだわりを持っています。

そう、モミの木です。

なぜ内装材にモミの木なのか?
他の木ではダメなのか?

今後そういった理由も書いて行きます。
ではまた( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾


傷が【付きにくい】床

ピースホーム代表取締役社長の河野です。
今回は、構造見学会でも見て貰ってるモミの木の床について、少し書きたいと思います。

【傷が付かない】では無くて、【傷が付きにくい】

床って傷が付かないほうが良いと言われます。
これは僕が住宅の仕事を始めた17年くらい前から、盛んに言われ始めてます。
傷が付かない=床が硬いという図式が成り立って、当時も今も硬い床ってのは多いです。
どれだけ硬いかを比較するメーカーさんもあります。

しかし、硬さ勝負で作られた床は本当に硬く、子供が家の中で転ぶとケガをします。
※鼻血とか、痣とかね。

なので、硬さはホドホドが良いです。

いくら傷が付かない床材でも、子供が傷ついて喜ぶ親は居ません。



モミの木は、木自体がそんなに硬い木ではありません。

え!じゃ、凄い傷つくんじゃない!?と思われるかもしれませんが、そうではありません。

モミの木には傷が付きにくい秘密があります。

それが、【柾目】と【地域】と【浮造り】というキーワードです。

これらが揃わないと、傷が付きにくい床材は完成しません。

***
ピースホームではいろんな床材サンプルを設置してます。
そして、玄関の鍵など金属で遠慮なく床に傷を付けて比べて貰ってます。
その結果を見て納得される方も居ますし、そうでない方も居ます。
でも、本当に少し驚いてもらえる実験なので、ぜひ気になる方は
【傷をつけに】遊びに来てもらえたらと思います。
***

ではまた。


【意外な考え方】消費税増税で気になる家の建て時

ピースホーム社長の河野です。
今日は、よく質問を受ける消費税の話について。

一旦落ち着いて。冷静に計算してみたので、【意外な考え方】お伝えしたいなと思います。

そもそも消費税8%→10%でいくら変わる?

家を建てる時は、土地には消費税はかかりませんので【家そのもの】だけを考えましょう。
↑まずは、これが基本ですね。

さて!
家のお値段が、税抜きで2000万円としましょう。

8パーセント→2160万円(税込)
10パーセント→2200万円(税込)

その差、、、40万円となります。

40万円、なかなかですね。

でも、実際はもう少し負担が減る。

【住まい給付金】
国が数年前から初めている助成金の一つです。
8パーセントの時代には【最大30万円】もらえていました。
10パーセントの時代になると、、、、【最大50万円】貰えます。
この差額+20万円。

最初に【-40万円】と考えていたものが、【+20万円貰える制度】を使うと、差額が20万円に減ります。

工事は、大慌てにならないように。

5%→8%も大変だった(遠い目)
消費税が上がろうとするたびに、いろんな大変なことがあります。

・工事時期の集中による職人不足
・資材不足
・資材不足による一時的な資材値上げ

住宅会社は毎回慌てているイメージです。

ですので、増税タイミングギリギリの計画は、正直あまりお勧めできません。

建てるなら早め、もしくは忙しさが過ぎてからでもOK

ぶっちゃけ、家を建てるタイミングは【消費税】で決めて欲しく無いです。
※それを煽る営業マンも多いでしょうが。

家は、じっくりと考えて建てて欲しい。

僕たちも常に使う素材を厳選していますが、それこそ1年かけて検討したりもしています。

住宅会社も、じっくり検討されるのが良いと思います。

ここだけの話。
階段が安く作れるようになりました。8万円くらい建物総額から安くなってます。
品質はそのままで。←ここ大事!!!
お見積りには数か月前から反映されてますが、こういう工夫を僕たちもやってます。

【消費税】慌て過ぎないように!!

ご注意ください^^

では、また。