blog

框(かまち)の仕上がり

玄関框が取りつきましたー!
杉の柾目で今回仕上げて貰いました!
大工さんに思わず、「カッチョイイ~~!」って言いました。
出来立てホヤホヤだった所をパシャリです!

最近は玄関框が少ないそうですが、やはり框は欲しいですね!
玄関にメリハリが生まれます。
完成が楽しみです!

ではまたー。


性能の根拠はどう示すの?って聞かれた。

家を建てる前に、その家の性能をどういう根拠で説明するか。

ピースホームの河野です。
なんだか、固めのタイトルです。
でもウチの子供のほっぺは、「ぷにっぷに!」なのでご安心ください。

さて!笑
今日、ブログタイトルにある質問を受けました。
お客様では無く、取引先の方に。

「家を建てる前なのに、その家の性能の根拠はどう示すの?」って聞かれた。
ほほぅ。
アレだね。
こういう質問きたら、認定書ありまぁーす!的な回答で、ハウスメーカーとかスーパーウォールとかの工場製品の良さを売り出す系ですね。
僕はそれに、のっからないよ。

「家を建てる前なのに、その家の性能の根拠はどう示すの?」

答え「実績が性能の根拠です。」
もしくは
答え「設計性能評価を取得した内容の家を建てますよ」
なのかなと答えました。

ウチは大きな会社じゃないので、認定書なんかは無いし、実大実験なんかも出来ないんですが、
それでも建てている住宅一つ一つに、想い入れは当然あるし、こだわってるんですよね。
でも根拠って言われたら、実際のお家の性能値を平均値で出したりとか、設計契約をさせて貰って設計書でご説明するとか、そういう形がベストかなと思います。

近い将来に省エネルギー性能の説明義務化も始まるので、そういった「性能説明」をお客様にどうお話しするかで、その会社の信念が問われるんでしょうね。

ただ当たり前の話ですが、
絵にかいた餅にならないように「設計図上での性能が工事現場にキッチリ反映されるかどうか」はとても重要なことなので、繰り返しますが、気密測定や断熱検査はしっかりやるべきだと思います。どの住宅会社でもね。

ではまたー^^



気密測定のタイミング

構造でどれだけ先に処理を終えるかが大事。

こんばんは、河野です^^

先日気密測定を行いました。
結果は0.22。
過去最高記録でした。

今回初めての試みで、気密測定を見学可能にさせて貰いました。
一般の方に見学して貰いつつ測るのはドキドキであります。
測定値は0.3で見学終了となったのですが、屋外の風速が安定しなかったので
風の様子を見つつ、こっそり2度ほど再計測しました。

上の結果は、その時の平均記録です。

ピースホームでは全棟気密測定を実施していますが、
年々細かな気付きで施工品質を上げていまして、
平均して0.5を切るくらいの数字が出てくるようになってきました。

自社基準としてはC値=0.7以下であること。
を基本にしているので、十分な数値が出ていると思います。

ちなみにピースホームでは、床下の白アリ対策や湿気調整の観点から
現在、床下断熱をお勧めしています。

本題が遅くなりましたが(汗)
1・気密測定は必ずやる事。
2・構造が見える時点で測定する事。
3・開けるべき穴は先に全部開ける事。
が重要です^^

気密の境界をどこにするかで、測定のタイミングも変わるような気もしますが、
基本、構造部分で気密の境界を作らないとNGだと僕は思います。
理由は石膏ボードなどで気密しても、電気工事などで配線穴を開けてしまえば
その時点で気密では無いからです。
お風呂も気密の境界の内側に入れないと、冬場寒くなりますしね。

構造部分で換気や配管など空けるべき部分の貫通穴を開けた後に、
それ以外の無駄な隙間が有るか、無いか、
それを確認するための気密測定なのです^^

あ!あと自分の会社だけで気密測定するのは僕はおススメしないです。
必ず外部の方に検査してもらう方が良いです。

理由は簡単。
自分の会社だけで測定すると甘えが出るかもしれないから。
外部の方が検査すると自分たちでは気付けない施工の穴を見つける事もあるから。
この2つです^^

住宅会社の人と外部の人が互いにチェックして、双方向で技術向上する形が僕の理想ですね。

あと、可能なら自分たちの家の測定に立ち会っても良いかもしれませんね^^
僕はおススメします。

そんなこんなで次も良い結果を出せるように、様々な施工を丁寧に積み上げていきたいと思います!!

ではまたー!





今朝は早起き

おはようございます。
ピースホーム河野です。
今朝は早起きして、工事現場へ向かいます。

工事現場では立ち会い、確認、職人と話す、が僕の任務になります。

特に大事にしているのは、確認と、職人と話す事ですね((〃´▽`〃))/“

話をするというのは、色んな気付きを与えてくれます。
住宅は、一つの事柄が他の多数に影響を及ぼすものなので、様々な角度から考える必要があります。

そういう意味で、話しをする事は大切ですね。
仲良くなれますしね^ ^

さて、今日はどんな話をしようかな!

行ってきます(*≧▽≦)ノシ))


大昔と今

大昔といえる歳になってきました。

河野です。
僕ね、1980年生まれです。
今年で住宅業界、ほぼ20年になります。

20歳の頃から数えて、20年。
振り返ってみればイロイロな思い出がたっくさんあるんですが、
住宅って進化したなーと思います。

20年前の住宅と今を比べると、素材の良さが際立ちます。
構造材である木材の品質も格段にあがりましたし、断熱材も良いのが出来ました。
耐震や制振といった概念も広く伝わったし、素材から性能へ上手くシフトしたよなーと
住宅業界を振り返ってみてます。


大昔と今の大切なこと。

今日現場で、大昔はこうだった、あぁだったーと言い出した僕ですが(笑)
昔も今も変わらないのは「将来を考えて家を造る」ということです。

昔より耐震性能の考え方や断熱性能の考え方も、学んだり経験したりで変化してますが、
やはり指針となるのは「将来どうなるか」だと思います。

20歳の頃、プレカット工場で働いていた僕に、
「木は少しづつ反ったりするから、将来、木がどう動くかを考えて柱や梁は、木取り(木の選び方のようなもの)を考えるんだ」と教えて貰ったのが、未だに響いています。

こういうのが大事なんだよなーと昔を懐かしんだ本日でした!

さて明日はスタッフ全員で3月の見学会チラシをお届けする準備作業からスタートです。
頑張りたいと思います!

ではまた!