blog

土壁の想い出

土壁は壁を作るのでは無い、想い出を作るのだ!なんて思う僕。

AB型の河野です。

昔は土壁の家をよく作っていましたので、壁は時間が掛かるものでした。
柱の間に貫を通して、竹小舞を編んで、現場で土と藁スサを練りこんで、一人がヒョイヒョイ土を放り投げて、受け手の左官さんがホイホイッとキャッチして壁に撫でつけていく。
この工程を繰り返して、最後に仕上げ塗りをして、はい完成。
という感じです。

土を壁に使う工法ですので、乾燥がとても大切です。
夏場は大型の扇風機を回して空気が滞留しないようにしてました。
冬場は、土の中の水分が凍ったらダメなので、暖房機設置して温めたりもしてましたねー。
当時は、まだ真冬に現場で焚火をしても怒られない時代でもありましたね。(汗)

壁づくりだけで数か月以上、日に日に現場で壁の乾き具合を見ていた想い出があります。
あの土の匂いは忘れられないですねー。

作りあげるという一点では、あれほどノンビリ自然に作るものは無いんでしょうね。

土壁の家、また作りたいなー。
エアコンなど暖房機器が苦手な方には土壁の家も良いかもしれません。


でも小学生の頃に、大工さんと実家の床板を釘で叩いた想い出とかって未だに忘れないんですよ。
実家は土壁の家なんですけど、土壁作ってる左官屋さんが藁スサ作ってる時の話とか覚えてます。


当時はまだ、こんな感じの道具で工事現場で藁を切ってました。
土壁の藁を切るところからですからねー。なんせ、のんびりです。(笑)

いまの時代なら、一体いつになったら壁が出来るんや!って怒られるかも。
そんな古き良き良い時代を少しの時間でも体験できた僕は、未だに幸せだなぁーと思う訳です。

いつか家づくりも、こうやって職人さんとノンビリ世間話をしながら、ゆったり作りあげる時代に巡り巡って戻ったら良いのになぁと願っています。

現場の空気感は、とても大事よね!

ではまた!



仮想蓄電池サービス

蓄電池が高い!そんな時はこんなサービス。

河野です^^

今日は、今日知った制度をご紹介します。
仮想蓄電池サービスです!

どんなものかと言うと、
蓄電池は最初にお金がかかる。。。→
じゃ代わりに余った電気を電力会社が預かりましょう→
そして電気料金の支払い時に余った分だけ値引きしますよ!

というものです。

パッと聞くと、余った分を自動で預かってくれて、
支払い時に自動で値引きしてくれるなんて素敵です。

四国電力さんでもサービス始まっているようです。

ただ!!月額2,700円ほど固定費が必要との事。
んー。どうなんだ。

ちなみに蓄電池本体を購入したとして100万円くらいかな。
住宅ローンに組み込むと、条件にもよりますが月額2,800円前後の支払額UP。
補助金も少しありますしねー。
んーどうなんだ。

蓄電池の方がメンテナンスも必要ですが、災害時の利用はgoodですし。
んーお得なのかどうか分からない微妙なラインかもしれません。

という訳で、電力自由化の後は太陽光の買い取り制度に悩む時代になりました。
色々とじっくり見比べてみましょうね^^

四国電力さんのサイトはコチラ。

ではまた!


住宅ローンは、情報の積み重ね

住宅ローンはそもそもの仕組みを知っていきましょう。

河野です。
久しぶりのブログ連投です^^
宜しくお願いします!

さて、住宅ローンです。
【んー難しい??】【何から始めたらいいか???】
なんて声を時々聞きます。
初めましては誰しも悩みます。

なので時々、住宅ローンの説明をしてます。

どういった仕組みなのか?とか、
そもそもどうやって借りるのかの流れとか、
どこで借りたら良いのか?とか

様々な疑問を出来るだけ短時間で分かり易く説明できればと思い、
約1時間で住宅ローンを説明します。

たぶん、銀行員さんより丁寧めに説明します。
たぶん、、、、、^^

住宅ローンは、
・金利
・保証料
・融資手数料
・団体信用生命保険料
・つなぎ融資手数料
・つなぎ融資金利
この、6つでおおまか構成されています。

実際に支払いを始めると、金利の上下で大きく支払い額が変動する方は多いと思います。
それは期間限定の金利商品で住宅ローンを組んでいるためです。

ピースホームでは、ここ最近もブレずに35年間固定金利の住宅ローンをお勧めしています^^
住宅ローンは長い期間で支払っていくものなので、金利に注目することは大切です。

しかし、それ以外の5つもなかなか馬鹿に出来ない費用となる場合も多いです。
なので住宅ローンを借りる際には、上の6つは全てチェックして情報を集めて頂けたらと思います。

住宅ローンの支払額はこの6つの積み重ねです!
ゆっくりチェックしてみてください^^

ではまた☆


玄関から靴を脱いで上がる時の高さ

玄関から家に上がる時の床の高さを考えよう

こんばんは。
河野です^^

今日は玄関から靴を脱いで上がる時の高さを考えてみましょう。
ピースホームでは25センチという高さを一つの基準にしています。(2019年11月現在)
階段の1段上がる高さより少しだけ高いのが25センチという高さです。

え?じゃ階段より上がりにくいんじゃないの??と思われるかもしれません。
しかし、このサイズにはちゃんとした理由があります。

それは、靴を履いたり脱いだりする動作し易さにちょうど良いサイズが25センチだから。

最近の住宅は、靴を脱いで上がる高さが低めに設定されている所が多いです。※15センチくらい。
しかし、低すぎると玄関ホールに座って靴を履いたりする際に少し不便です。
その為、実際に座って靴の履きやすさ、脱ぎやすさをお客様含めて検討した結果、25センチという高さになりました。

もちろん玄関ホールに座って靴を履かない方も居るかもしれませんし、もっと低い方が良いという方も実際に居ます。
しかし、子どもも大人も出来るだけストレスフリーで靴を脱いだり履いたり出来るサイズが25センチだろうと思い現在、家づくりしています。
※高さが低いと玄関框を子供が蹴って汚しちゃうなんてこともあります。

こういった細かな部分ですが、家づくりをする際には靴を脱いだり履いたりも毎日の事ですので、一度は考えてイメージして頂けたらなーと思っています。

では、またー^^


現場報告

こんにちは(^^♪
守谷です♪

先日G様邸の足場解体をしました。
足場設置中はいつも工事進んでるかな?など気にかけて落ち着かない状態なのですが、
足場解体をした直後はなんだか清々しい気持ちになりますね☆☆

お施主様のこだわった外壁や屋根。
内部もクロス工事やタイル工事をしている最中です。
完成まであと一ヶ月。
完成が楽しみです(*´▽`*)

☆DIY☆

先日、キッチンカウンターをDIYしました☆
今人気の三段ボックスを合わせてカウンターを作る簡単なDIYですが。(笑)

賃貸だし備え付けは無理だーと思い、安くて自分がしたい通りにできる方法♪
三段ボックスの中身は食器などおこうかなと。川口さんのアドバイスをもらいながら収納していきます(;^_^A
この収納方法は春のニュースレターに記載しようかなと思っていますのでぜひご覧くださいね☆