Reason

機能性とデザイン性を兼ね備えた伝統技術 漆喰の塗り壁「羽衣」

調湿効果・消臭効果の高い100%自然素材 漆喰の塗り壁「羽衣」

漆喰壁とは、水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分とした、日本古来より使用されている塗り壁です。そして、厳選した様々な自然素材をブレンドしたオリジナル漆喰壁が「羽衣」です。漆喰の主な成分である消石灰を一般的な漆喰壁より多く含み、調湿効果や消臭効果がより高くなっています。

塗り方を変えて、オリジナルの空間作り

漆喰の塗り壁「羽衣」は、お好みのデザインができる多彩な仕上げが可能です。和風や洋風など、ご希望の雰囲気に合わせて、塗り方を変えて、オリジナルな空間を作り上げることができます。漆喰の美しい仕上がりは心を落ち着かせてくれます。

写真は「モミの木の家 体感ショールーム」の写真です。
ショールームでは、実際に「羽衣」の漆喰壁がご覧いただけます。
ショールームについてはこちら→モミの木の家 体感ショールーム

羽衣の機能

快適な住環境をつくる羽衣の5つの機能

吸・放出機能
吸・放湿機能を謳う塗り壁材と比較しても、それらをはるかに上回る機能があります。塗り厚1mmでも珪藻土壁2mm厚の壁に匹敵します。

消臭・吸着機能
ホルムアルデヒドやアンモニア臭を吸着します。さらに、油性系のトルエン・キシレン臭も低減します。

防火機能
万一の火災でも燃えません。また、有害な物質を全く出しません。

やすらぎ機能
遠赤外線放出とマイナスイオン放出で定評のある、翡翠(軟玉)と遠野角閃石のパウダー効果で室内の雰囲気は最高な状態に保たれます。

美的機能
機能性塗り壁材では難しかった、コテによる押さえ仕上げも可能です。もちろんパターン仕上げも自由自在です。キズ・汚れの手当も楽になりました。

羽衣の主成分

空気環境を考えて素材を厳選したオリジナルブレンドの漆喰壁

機能性白土(約38%)
モンモリロナイトを主構成分とする粘土で、食品添加物としても認められています。

消石灰(約30%)
水酸化カルシウムの別称。空気中の二酸化炭素を吸って固まっていく、昔ながらの漆喰の材料です。CO2削減にもなります。

機能性ゼオライト(約10%)
純度を高めた天然ゼオライトです。化学肥料などで冷え切ってしまった土壌を蘇らせる法定土壌改良指定資材にもなっています。

ホタテ貝殻粉(約10%)
ホタテの貝殻を粉砕熱処理した粉です。多孔質な穴が調湿効果を高めてくれます。また、貝殻独特の光沢が塗り壁の仕上がりを清潔感あふれる物にしてくれます。

軟玉翡翠(約7%)
翡翠は深緑の美しい宝石で、硬玉と軟玉に分けられ、一般的には硬玉が宝石となります。昔から「魔法の石」として珍重され、粉末は薬としても使われるなど体に良い鉱石として大切にされてきました。

角閃石(約3%)
遠野産の角閃石の粉です。この角閃石は波動値が世界最高値の天然石であり、遠赤外線もほぼ最高放射率が確認され、抗酸化作用に優れ、有害ガスも分解する天然の石です。

でんぷん糊・繊維分(約2%)
つなぎの材料として植物繊維と食品糊であるでんぷん糊を使っています。